敏感肌の方は普段から乾燥しがちで、ストレスや睡眠不足が続くと肌がボロボロになりがちです。またそれを改善しようと色々な対策をしてもそれがまた仇になり、さらにボロボロになることもあります。今そのような方にも有効とされる肌断食が話題です。
肌断食はこれまで使っていたスキンケアー用品やメークをしないという方法です。肌断食はメークの後はしっかりクレンジング、スキンケアーで保湿という、これまでの概念とは全く異なり、実はこれが今の肌トラブルの要因となっているとのことです。洗顔後に何もしなければ肌が乾燥しボロボロになることは確かです。でも肌断食はそれが当たり前。あまり気になるようであれば、薬局などで売られている白色ワセリンを使用すれば落ち着くようですから心配いりません。また紫外線などは、できるだけ露出させないことや、どうしても日焼け止めを利用しなければならない時は、ワセリンベースか、もしくわ紫外線吸収剤不使用のものを利用したほうが良さそうです。肌断食をはじめてまだ肌バリアが整っていない時点では、紫外線はとても負担が大きく肌もいつも以上にボロボロになりがちです。肌断食中の紫外線のボロボロ避けたいものですが、洗顔後のボロボロは肌が改善される証しとしてとらえてみましょう。